このページのリンク

ロンシュウ タイラ ノ マサカド ケンキュウ : タイラ ノ マサカド ケンキュウ
論集平将門研究 / 編集:林陸朗

データ種別 図書
出版者 東京 : 現代思潮社
出版年 1975
大きさ 320p ; 22cm

所蔵情報を非表示


ASRS 210.36/Ta23 02757699



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:将門記考(星野恒) 将門記攷ー将門記の訓点・上(岡田希雄) 将門記の成立に就いて(山中武雄) 将門記の成立と扶桑略記(平田俊春) 将門記の世界とその特質(川口久雄) 将門記の構造(梶原正昭) 将門記・将門略記についての一考察ーとくにその成立をめぐって(渥美かをる) 『将門記』について(春田隆義) 平将門事蹟考(大森金五郎) 古代末期の叛乱(石母田正) 将門記の印象(松本新八郎) 将門の乱の史的前提ー「特に[シュウ]馬の党」を中心として(三宅長兵衛) 将門の乱について(石母田正) 将門の乱に関する二、三の問題(吉田晶) 平安中期の武力について(吉田晶) 押領使の研究(井上満郎) 平将門の乱(上横手雅敬) 将門の乱の評価をめぐって(高橋昌明) 解説(林陸朗)
著者標目 林, 陸朗 <ハヤシ,ロクロウ>
件 名 平--将門
将門記
分 類 NDC:210.36
書誌ID 1001042269
NCID BN01928045 WCLINK

 類似資料