このページのリンク

キンダイ ニホン セイジ ノ ショソウ
近代日本政治の諸相 : 時代による展開と考察 / 中村勝範編著

データ種別 図書
出版者 東京 : 慶応通信
出版年 1989.5
大きさ 638p ; 22cm
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示


ASRS 312.1/N372k 04069466
4766404238

書誌詳細を非表示

内容注記 内容:「中選挙区制」採用をめぐる諸問題 上条末夫著. 東洋“オリンピック"「満州国」参加問題 池井優著. 昭和研究会と新体制運動 須藤真志著. 急進的自由民権論者の政治思想 寺崎修著. 「社会思想」の思想に関する一考察 内川正夫著. 神社非宗教論をめぐる憲法思想 慶野義雄著. 「大東亜共栄圏」否定と変革の論理ー石橋湛山の場合 増田弘著. 上杉慎吉における反民主主義論の構造と展開 吉田博司著.二大政党対立下における与党勝利の選挙準備ー民政党の「選挙第一主義」 酒井正文著. 野坂参三の「平和革命論」の淵源についてー「マルクス・レーニン主義の日本化」と野坂参三 荒木義修著. 朝鮮民族解放運動をめぐる国際関係ー中国共産党および中国政府を中心に 鐸木昌之著. 裁判所構成法制定小考 楠精一郎著. 一九三〇年代半ばの対満政策立案に関する一考察ー「満蒙問題研究会」を中心として 浜口裕子著.
寺内内閣期における政友会の党勢拡張に向けての方策ー第三九帝国議会前後期を中心に 玉井清著. 日米「民間経済外交」ー日露戦争後のもう一つの日米関係 木村昌人著. 大正期における陸軍将校の社会認識と陸軍の精神教育ー『偕行社記事』の論説記事の分析 浅野和生著. 犬養毅の中国における日本の権益論ー明治・大正期 黄自進著. 日中戦争期前半における毛沢東の権力基盤の検討ー八路軍留守部隊を中心として 中村楼蘭著. 第二次大戦下における一マルクス主義者の言動ー平野義太郎の大東亜共栄圏論 鈴木麻雄著. 小泉信三の多数講和論 加地直紀著. 田中清玄と武装共産党 小栗勝也著. 「改造」の時代と黎明会 中村勝範著. 付:中村勝範略歴
著者標目 中村, 勝範 <ナカムラ,カツノリ>
件 名 日本--政治--歴史--明治以後
分 類 NDC:312.1
書誌ID 1001162270
ISBN 4766404238
NCID BN03647998 WCLINK

 類似資料