このページのリンク

ハーグ ジョウヤク ノ リロン ト ジツム : コッキョウ オ コエタ コ ノ ウバイアイ フンソウ ノ カイケツ ノ タメニ
ハーグ条約の理論と実務 : 国境を越えた子の奪い合い紛争の解決のために / 大谷美紀子, 西谷祐子編著

データ種別 図書
出版者 京都 : 法律文化社
出版年 2021.1
本文言語 日本語
大きさ xi, 323p ; 21cm
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示


2F: 一般書架 329.846/O84 08063179
9784589041135

書誌詳細を非表示

別書名 標題紙タイトル:Theory and practice of the Hague child abduction convention : for the resolution of cross-border custody disputes
内容注記 総論 / 西谷祐子著
ハーグ条約と裁判手続に関する国内実施法 / 金子修著
中央当局の役割 / 外務省領事局ハーグ条約室著
ハーグ条約の実務と国際私法 / 長田真里著
ハーグ条約の実務と国際人権法 / 大谷美紀子著
ハーグ条約の実務 / 芝池俊輝著
アメリカ合衆国におけるハーグ条約の実務と監護権・面会交流 / 山口亮子著
イギリス・オーストラリアにおけるハーグ条約の実務と監護権・面会交流 / 古賀絢子著
ドイツ・フランスにおけるハーグ条約の実務と監護権・面会交流 / 西谷祐子著
日本における監護権・面会交流・DVとハーグ条約 / 橘高真佐美著
翻訳、テレビ会議による期日への参加など手続法上の論点 / 池田綾子著
私的調停〈ADR〉など裁判外の解決手続 / 黒田愛著
一般注記 2014年の発効以降、日本はハーグ条約をどのように運用してきたのか、今後どのように運用していくべきか。理論と実務両面からハーグ条約を包括的に解説する。アメリカなど5ケ国の運用実態および関連国内法にも触れる。
参考文献一覧: p314-317
著者標目 大谷, 美紀子(1964-) <オオタニ, ミキコ>
西谷, 祐子 <ニシタニ, ユウコ>
件 名 BSH:国際私法
BSH:離婚
BSH:親権
NDLSH:ハーグ条約実施法
分 類 NDC9:329.846
NDC10:329.846
NDLC:AZ-911
書誌ID 4100108997
ISBN 9784589041135
NCID BC04946068 WCLINK

 類似資料