このページのリンク

ショウワシ ノ シュンカン
昭和史の瞬間 / 朝日ジャーナル編
(朝日選書 ; 11)

データ種別 図書
出版者 東京 : 朝日新聞社
出版年 1974
大きさ 343p ; 19cm

所蔵情報を非表示

1F:新書(080.1) 080.1/A/11 03524485



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:音の文化のはじまり<<ラジオと蓄音機>>(加藤秀俊) ブルジョアジーの無能を露呈<<金融恐慌>>(長幸男) 干渉と弾圧のなかで…<<第一回普選>>(今井清一) 治安維持法の暴威<<三・一五事件>>(塩田庄兵衛) 泥沼戦争への道標<<済南事件>>(臼井勝美) 心の憂さをはらす<<新しい盛り場・浅草と千日前>>(加藤秀俊) 瓦解した“財界立直し"<<金解禁>>(長幸男) ストライキの季節<<鐘紡争議>>(塩田庄兵衛) 政党政治の栄光と悲惨<<ロンドン海軍条約>>(今井清一) 虚妄と錯覚の連鎖<<エロ・グロ・ナンセンス>>(加藤秀俊) 朝鮮人の悲しみ<<万宝山事件>>(臼井勝美) 土地と自由を求めて<<小作争議>>(塩田庄兵衛) 誰がための「王道楽土」<<満州事変>>(臼井勝美) 美談の原型<<爆弾三勇士>>(加藤秀俊) 軍隊と農民とファシズム<<五・一五事件>>(今井清一) 「政策の僻地」が生んだもの<<東北凶作>>(長幸男) 嵐のなかの青春<<プロレタリア芸術運動>>(塩田庄兵衛)
サービス事業のコンビナート<<ターミナル文化>>(加藤秀俊) 自壊する外交<<国際連盟脱退>>(臼井勝美) 大学自治の墓標<<京大・滝川事件>>(塩田庄兵衛) 軍部に歩調を合せつつ<<自動車時代の出発>>(長幸男) 国体明徴の名のもとに<<天皇機関説>>(今井清一) 「死」への親近感<<自殺>>(加藤秀俊) 家族国家の重み<<転向>>(塩田庄兵衛) 社会不安の反映<<大本教>>(加藤秀俊) 軍国主義化の決定打<<二・二六時件>>(今井清一) 悲劇の序幕<<蘆溝橋事件>>(臼井勝美) 自由か、戦争か<<人民戦線事件>>(塩田庄兵衛) 関白政治の誤算<<近衛内閣>>(今井清一) 戦争肯定の傾斜<<のらくろ>>(加藤秀俊) 幻影を追うもの<<東亜新秩序>>(臼井勝美) 横行する軍需<<統制経済>>(伊東光晴) 近代装備に完敗<<ノモハン事件>>(今井清一) 現実追随の労働運動<<産業報国会>>(塩田庄兵衛) 夢は故郷を…<<前線と銃後>>(加藤秀俊) 「八紘一宇」のかげで<<紀元二千六百年>>(今井清一) “奪われた"ひとびと<<戦時下の朝鮮>>(塩田庄兵衛)
一般注記 『朝日ジャーナル』に1965年から66年にかけて連載されたものを収録
著者標目 <朝日ジャーナル編集部> <アサヒ ジャ-ナル ヘンシュウブ>
件 名 日本--歴史--昭和時代
分 類 NDC:080.1
書誌ID 1001071722

 類似資料