このページのリンク

国語学編
(金田一春彦博士古稀記念論文集 / 金田一春彦博士古稀記念論文集編集委員会編 ; 第1巻)

データ種別 図書
出版者 東京 : 三省堂
出版年 1983.12
大きさ 516p ; 22cm
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

第1巻 GF:BOOK.SHELF 810.4/Ki423/v.1 04430191
438534308X

書誌詳細を非表示

内容注記 内容:仮名声点の起源と発達 築島裕著. 日本書紀の音仮名とその原音声調についてー上代アクセントとの相関性を考える 高山倫明著. 天理本「散木集注」声点考 秋永一枝著. 尾崎知光氏蔵『四声并出合読誦私記』考ー中世アクセント史の資料として 桜井茂治著. 古代語におけるmーb間の子音交替について 山口佳紀著. 母音無声化の史料としての声明ー真言宗所伝の講式を資料として 金井英雄著. キリシタン資料における語頭のH表記の語についてーロドリゲス著『日本大文典』の記述を中心にして 近藤政美著. 国学者鱸有飛の音韻研究ー『四十八音略説』『四十八音義訳』について 寺田泰政著. 母音のいわゆる無声化の実態川上蓁著.
為字のよみー法華経訓読における為字和訓を中心に 田島毓堂著. 『保元物語』と『平治物語』の人称代名詞 倉島節尚著. 「文体としての自敬表現」の本質ー豊臣秀吉文書の場合 西田直敏著. 言文一致運動と口語文法研究 永野賢著. 福沢諭吉の「日本婦人論」と「日本婦人論後編」との文章 進藤咲子著. スルともシタともいえるとき 高橋太郎著. 形態論的なカテゴリーとしてのアスペクトについて 鈴木重幸著. いわゆる中称の指示語ソ系についてー現代語を中心に 清水功著. 形式名詞「の」による代名用法の考察 霜崎実著
一般注記 金田一春彦の肖像あり
著者標目 金田一, 春彦 <キンダイチ,ハルヒコ>
件 名 日本語
国語学
分 類 NDC:810.4
書誌ID 1001182951
ISBN 438534308X

 類似資料