このページのリンク

ゲンダイ ヒカク ブンガク ノ テンボウ
現代比較文学の展望 / 亀井俊介編

データ種別 図書
出版者 東京 : 研究社出版
出版年 1972
大きさ 259p ; 20cm

所蔵情報を非表示


ASRS 901.9/G34 02748735



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:比較文学の視野ーホイットマン的文学の系譜(亀井俊介) 影響と選択ーサンタヤーナとエリオットのゲーテ観(青柳晃一) 芸術運動の位置と形態ードイツ表現主義の場合(滝田夏樹) 材源研究の意味ー芥川竜之介・里見■・その他(小堀桂一郎) 知的刺戟の一様相ー鴎外の「金毘羅」とゾラの「ルルド」(平川祐弘) 非西欧世界の「西欧化」運動ー夷狄の国の冒険者たち(芳賀徹) 文学を「比較」することの意味ー構造への意向こそ窮極だということについてー対談 比較文学の問題と展望(オールドリッジ,亀井俊介) 参考文献ー日本における最近十年間の成果を中心に(柳富子)
著者標目 亀井, 俊介 <カメイ,シュンスケ>
件 名 比較文学
分 類 NDC:901.9
書誌ID 1001041196

 類似資料