このページのリンク

バクハン タイセイ
幕藩体制 : 1
(論集日本歴史 ; 7)

データ種別 図書
出版者 東京 : 有精堂出版
出版年 1973
大きさ 377p ; 22cm

所蔵情報を非表示

7 2F:BOOK.SHELF 210.04/R669/V.7 02057133



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:幕藩制の構造的特質(佐々木潤之介) 兵農分離と幕藩体制(北島正元) 幕藩体制成立の素描(小林清治) 幕藩制国家の成立について(原昭午) 軍役論の問題点(佐々木潤之介) 近世初頭における畿内幕領の支配構造(朝尾直弘) 関東幕領における八王子代官(村上直) 家光政権の確立をめぐって(北原章男) 江戸幕府初期の政治制度についてー将軍とその側近(福島貴美子) 「島原の乱」の歴史的意義(深谷克己) 鎖国の成立と糸割符(中田易直) 幕藩体制第一段階から第二段階への移行についてー会津藩を例として(高木昭作) 秋田藩成立期の藩財政(山口啓二) 幕藩関係における譜代大名の地位ー諏訪藩を素材に(佐々木潤之介) 「天和の治」について(辻達也) 享保改革について(大石慎三郎) 代官所機構の改革をめぐって(森杉夫) 足高制に関する一考察(泉井朝子) “相対済し令"の成立と展開(大石慎三郎) 解説(大館右喜・森安彦) 文献目録(大館右喜・森安彦)
一般注記 監修:豊田武,児玉幸多,大久保利謙
著者標目 大館, 右喜 <オオダチ,ウキ>
森, 安彦 <モリ,ヤスヒコ>
件 名 日本--歴史--江戸時代
幕藩体制
分 類 NDC:210.04
書誌ID 1001011097

 類似資料