このページのリンク

トマス アクィナス ケンキュウ
トマス・アクィナス研究 : 没後700年記念論文集 / 松本正夫,門脇佳吉,K. リーゼンフーバー編

データ種別 図書
出版者 東京 : 創文社
出版年 1975
大きさ 519,8p ; 22cm

所蔵情報を非表示


2F:BOOK.SHELF 132.282/Th512 02078254



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:トマス神学の思想史的位置(P.ネメシェギ) トマス神学を見直す(沢田和夫) 聖トマス哲学の現代的意義について(松本正夫) 聖トマスとアヴェロイズム(江藤太郎) 時間性の構造(今道友信)神の内在と超越(山田晶) トマスの意志概念について(稲垣良典) トマス・アクィナスから近世初期にかけての自由観の変遷(K.リーゼンフーバー) トマス・アクィナスの情念論(門脇佳吉) 現代における聖トーマスの性論理の意義(J.モレイ) トマス・アクィナスとアリストテレス哲学(牛田徳子) Forma appetit uniri materiae(坂口ふみ) トマスにおける理論哲学の問題(有働勤吉) トマスとカトリック的文化秩序(J.ジーメス) 没後700年の今日におけるトマス(F.ペレス)
著者標目 松本, 正夫 <マツモト,マサオ>
門脇, 佳吉 <カドワキ,カキチ>
Riesenhuber,Klaus(1938~ ) <Riesenhuber,Klaus>
件 名
分 類 NDC:132.282
書誌ID 1001012168

 類似資料