このページのリンク

バクハンセイ コッカ セイリツ カテイ ノ ケンキュウ
幕藩制国家成立過程の研究 : 寛永期を中心に / 北島正元編

データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 1978.1
大きさ 705p ; 22cm

所蔵情報を非表示


ASRS 210.52/B155 02107008



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:寛永期の歴史的位置 北島正元著 幕藩制国家の成立と支配体制 豊臣政権の軍役体制と島津氏 北島万次著. 寛永期の幕府政治に関する考察 藤野保著. 関東郡代の成立に関する一考察 村上直著.江戸幕府財政の成立 大野瑞男著. 相模国の旗本領設定ー天正~寛永期における知行割 神崎彰利著. 幕藩制期の天皇のイデオロギー的基盤ー擬制的氏族制の問題を中心に 宮沢誠一著. 幕藩制国家と天皇ー寛永期を中心に 深谷克己著. 幕藩制下における琉球の位置ー幕・薩・琉三者の権力関係 紙屋敦之著. 極北における幕藩制的支配秩序の確立ー寛永期における松前藩政 海保嶺夫著
農民支配と村落構造 寛永期における五人組制の確立 煎本増夫著. 在地代官支配と初期地主小作関係の展開ー遠州浜松藩の場合 曽根ひろみ著. 三河における旗本領支配の成立と構造 斎藤純著. 幕藩領主の治水政策と輪中ー多芸輪中を事例として 高牧実著. 近世的村落体制の展開ー豆州内浦長浜村を例として 上杉允彦著. 寛永期の地方文書 木村礎著 鎖国と都市の動向 元和・寛永期に於ける日蘭貿易ー鎖国形成期における貿易銀をめぐって 加藤栄一著. 「中古大黒舞」考ー近世史史料学のためのこころみ その2 林基著. 都市域拡大の過程と民衆 松本四郎著
著者標目 北島, 正元 <キタジマ,マサモト>
件 名 幕藩体制
日本--歴史--江戸初期
分 類 NDC:210.52
書誌ID 1001014226
NCID BN00389648 WCLINK

 類似資料