このページのリンク

チュウセイ ノ テツガクシャタチ
中世の哲学者たち : 中世存在論の系譜 / 今道友信[ほか]編

データ種別 図書
出版者 東京 : 思索社
出版年 1980.7
大きさ 300p ; 22cm

所蔵情報を非表示


2F:BOOK.SHELF 132.2/C67 02519484



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:存在の傾斜 今道友信著. ボエティウスにおけるesseとid quod estの問題 有働勤吉著. アベラールに於ける論理と言語 今道友信著. ポワティエのギルベルトゥスにおける存在と言語論理 柏木英彦著. トマス・アクィナスにおけるエッセとエッセンチア 宮内久光著. トマス・アクィナスのカテゴリー論 中山浩二郎著. トマス・アクィナスのtranscendentia論ー存在と価値 稲垣良典著. ドゥンス・スコトゥスにおける存在概念の一義性 箕輪秀二著. フランシスコ・スアレスの存在概念 田口啓子著
著者標目 今道, 友信 <イマミチ,トモノブ>
件 名 スコラ哲学
存在論
分 類 NDC:132.2
書誌ID 1001029866
NCID BN01195760 WCLINK

 類似資料