このページのリンク

イマガワシ ノ ケンキュウ
今川氏の研究
(戦国大名論集 / 秋沢繁〔ほか〕編 ; 11)

データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 1984.2
大きさ 499p ; 22cm
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

11 ASRS(自動化書庫) 210.47/Se64/V.11 02996645
464202591X

書誌詳細を非表示

内容注記 内容:室町期の在地構造 十五世紀における遠州蒲御厨地域の在地構造 大山喬平著. 中世後期の開発と村落ー南禅寺領遠江国初倉荘 黒田日出男著. 今川領国の形成 今川氏親とその文書 小和田哲男著. 今川氏親の遠江経略ーとくに信濃小笠原氏と関連して 秋本太二著. 天文ー永禄期における今川氏ー所謂政治的権力の構造について 若林淳之著. 今川領国三河の支配構造 新行紀一著. 領国支配の特質 「今川仮名目録」よりみた寄親寄子制 下村効著. 戦国大名今川氏の徳政について 久保田昌希著. 戦国大名今川氏の四分一役 小和田哲男著. 戦国大名と不入権ー大名領国の歴史的位置づけのために 有光友学著. 駿河の「旦過堂」について 大久保俊昭著. 今川検地研究 戦国大名今川氏の歴史的性格ーとくに「公事検地」と小領主支配について 有光友学著. 遠州浜名神戸大福寺領注進状案についてー戦国大名今川氏検地の一事例 勝俣鎮夫著. 有光友学氏今川検地論批判 下村効著. 中世のなかに生れた「近世」ー戦国大名今川氏の場合 山中恭子著. 解説 戦後の研究史と課題 有光友学著. 文献一覧:p480~499
一般注記 監修:永原慶二
著者標目 秋沢, 繁 <アキザワ,シゲル>
有光, 友学 <アリミツ,ユウガク>
件 名 日本--歴史--室町時代
今川(氏)
分 類 NDC:210.47
書誌ID 1001054210
ISBN 464202591X
NCID BN00324915 WCLINK

 類似資料