このページのリンク

カ-ル シュミット ロンシュウ
カール・シュミット論集 / 宮本盛太郎,初宿正典編

データ種別 図書
出版者 東京 : 木鐸社
出版年 1978.10
本文言語 日本語
大きさ 388p ; 22cm

所蔵情報を非表示


ASRS 311.234/Sc55Yc 03589637



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:カール・シュミット J.フィヤルコフスキー著 宮本洋二訳. カール・シュミットとカトリシズム 石村修著. 『国家の価値と個人の意義』の書評 F.ヴァイル著 宮本盛太郎訳. カール・シュミットの政治理論 下崎光史著. 『政治的なるものの概念』(1963年版)まえがき C.シュミット著 中道寿一訳. カール・シュミットの「独裁」 溝部英章著. カール・シュミットとヴァイマール大統領の「独裁」 百地章著. 有神論的憲法学ーカール・シュミットの精神史的方法 新正幸著. シュミットの『憲法論』に対する原理的批評 M.クラフト=フクス著 初宿正典訳. 『憲法論』の書評 O.ヒンツェ著 阿部照哉訳. カール・シュミットの「全体国家」の概念について 中道寿一著. 危機の時代における保守革命の思想家カール・シュミットーその思想史的位置づけ 山下威士著
著者標目 Schmitt,Carl(1888-) <Schmitt,Carl>
宮本, 盛太郎 <ミヤモト,モリタロウ>
初宿, 正典 <シヤケ,マサノリ>
件 名
分 類 NDC:311.234
書誌ID 1001074466
NCID BN00510534 WCLINK

 類似資料