このページのリンク

キゴウ ノ ゲキジョウ
記号の劇場 / 谷川渥編
(シリーズ芸術と哲学)

データ種別 図書
出版者 京都 : 昭和堂
出版年 1988.5
本文言語 日本語
大きさ ix, 263, 8p ; 22cm

所蔵情報を非表示


ASRS 701.1/Ki16 04082370



書誌詳細を非表示

内容注記 :内容:序論記号作用の主体ーデカルトvsパース 谷川渥著. 両手ききのバロックーグラシアンの鋭戯論をめぐって 篠原資明著. <想像的普遍>についてーヴィーコの詩的記号論 上村忠男著. 第二記号としての画像ーシャフツベリ『第二記号論』解釈のための序説 浜下昌宏著. 記号結合術としての芸術ーレッシングと18世紀記号論的美学 小田部胤久著. イコン論の成立と展開ーパースにおける記号論としての美学 谷川渥著. 知覚と想像ーホワイトヘッドの象徴論 木岡伸夫著. 社会的機能としての芸術ーヤン・ムカジョフスキーの記号美学 飯野正仁著. 芸術の記号論に向けてーモスクワ・プラハ時代のヤーコブソン 桑野隆著
著者標目 谷川, 渥(1948-) <タニガワ, アツシ>
件 名 NDLSH:芸術哲学
NDLSH:記号
芸術哲学
記号
分 類 NDC8:701.1
書誌ID 1001162440
NCID BN02347627 WCLINK

 類似資料