このページのリンク

チュウセイ ブンガク ト カンブンガク
中世文学と漢文学 / 和漢比較文学会編
(和漢比較文学叢書 ; 第6巻)

データ種別 図書
出版者 東京 : 汲古書院
出版年 1987.10
大きさ 327p ; 22cm

所蔵情報を非表示

2 ASRS 910.8/W24/v.6 04333224



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:中世散文学と漢文学ー十訓抄を中心として 竹村信治著. 『撰集抄』における禅の受容について 渡辺信和著. 中世説話集における『和漢朗詠集』受容の一面 小島孝之著. 中世漢文学の一隅ー「南家ノ儒者刑部少輔仲範」を例にして 牧野和夫著. お伽草子「二十四孝」誕生前夜 徳田和夫著. 御伽草子と中国説話ー『浦風』をめぐって 浜中修著. 『保元・平治物語』の漢籍をめぐって 大島竜彦著. 『平家物語』における『史記』機能ー義仲と頼朝の不和をめぐって 山下宏明著. 眉間尺外伝ー孝子伝との関連 黒田彰著. 『曽我物語』の故事説話の位相 村上学著. 『明徳記』一、二類本のあいだ 長谷川端著. 中世紀行文の位相ー海道記をめぐって 長崎健著. 能における漢詩文の受容 竹本幹夫著. 中世前期古今和歌集注釈書四種引書一覧ー顕注・顕注密勘・為相注・毘沙門堂注 新井栄蔵著. 研究文献目録中世篇2(昭和40年~昭和59年):p311~327
著者標目 和漢比較文学会 <ワカン ヒカク ブンガクカイ>
件 名 日本文学--歴史--鎌倉室町時代
漢詩
漢文
分 類 NDC:910.8
書誌ID 1001177651

 類似資料